行政書士として働く

行政書士になる条件や求人の探し方をお話します

行政書士の求人に応募するためには

国家資格を取得する事が必要になる

行政書士の求人に応募するためには、まずは行政書士の資格を取得する必要があります。この資格は国家資格であり、合格率も10%前後とかなりの難関資格になっています。そこで、合格するためには勉強しやすい参考書を購入したり、問題集や過去問などを購入して試験合格レベルになるように努力します。もし、独学だと不安な場合は、通信講座や通学講座などを活用して、独学よりも効果的な勉強をしていく必要があります。通信講座などは、適切な参考書をもらう事が出来て、さらに専門の講師からアドバイスをもらう事が出来ます。また、通学制の場合は、講師に直接アドバイスをもらう事が出来るので、勉強しやすい環境です。独学でも参考書選びを間違えずに、努力する事が出来れば合格レベルに達する事は可能です。また、1年で合格出来ないことも珍しくないので、長期勉強合格プランを計画して数年での合格を目指します。

活躍出来る事務所を探す事が大事

行政書士の資格を取得して登録する事ができれば、次はいよいよ求人探しになります。ただ、一般の求人情報誌や求人サイトには行政書士の仕事の募集はあまり多く掲載されていないです。大手求人サイトを利用すると、時々見つける事は可能ですが行政書士の探し方としては効率が悪いです。そこで、お勧めなのは行政書士事務所や法律事務所などの行政書士が活躍出来る事務所を探す事です。もし、活躍出来そうな事務所を見つける事が出来れば、その事務所のホームページを見て求人を募集していないのかチェックします。何も募集情報がない場合でも念のため、直接事務所に連絡して人員を募集していないのか確認します。少し、手間がかかる方法ですがこのように積極的に求人探しをしていかないとなかなかこの仕事で働く事が出来ないという事です。

自分の強みを作っておく必要がある

行政書士の中途採用は、そこまで多くはないので自分の強みを作って採用されやすい状況にしておく必要があります。行政書士の資格を取得していれば、すぐに採用されるとは限らないという事です。例えばビジネスマナー関係の資格やパソコン関連の検定などを取得しておくと多少採用の時に評価を上げる事が可能です。また、司法書士など他の法律関係の資格を取得したり、面接で志望動機を聞かれた時に自分のやる気の高さをアピールしていく事も重要です。自分の強みが複数存在すると、他の応募者たちよりも高い評価をもらう事が可能です。行政書士の求人に応募してくる人の中には経験者が存在する可能性もあるので、アピールポイントが少ないと採用されないことが多くなります。

人気記事ランキング