行政書士の求人情報について

行政書士の求人の魅力について紹介します

行政書士が雇用されると得られるメリットが多数ある

月々安定した収入を貰うことができる

正規職員の求人の場合、毎月一定の金額が支払われます。それ以外にも、残業代がでたりボーナスがでたりします。その他、社会保険にも加入することができます。これらのことはサラリーマンの世界では当たり前のことかもしれません。しかし、独立開業をする人が多い行政書士の世界では、当たり前のことではありません。独立開業した行政書士は、100万円売上があった月の翌月の売り上げが30万まで落ち込むと言うこともあります。雇われて働く場合と、独立する場合どちらもメリットがありますので、どちらがいいとは言えません。人によっては雇用された方がいいと言う人場合も少なくありません。雇用された場合、安定した収入を貰えることができるからこそ、腰を据えて仕事を行えると言うこともできます。

行政書士は、資格取得の際に民法、行政法、会社法などを学びます。しかし、資格取得の際に学んだことだけでは実務を問題なく行うことはできにくいと言えます。そのため、行政書士は自分の専門にすることになる分野に関する実務書を購入して勉強します。しかし、実務は一般的な実務書にのっていないことが起きることが珍しくありません。ベテランの行政書士がいる事務所の求人に応募して雇用されることにより、日々仕事を行う上で分からないことを教えて貰うことができます。たとえば、産業廃棄物収集運搬業の許可の申請時に必要な知識とされるローカルルールのことについてなどの知識です。一般的な実務書にのっていないようなことでも、教えて貰えることが期待できます。考え方によっては、お金を貰いながら専門知識を学ぶことができると言えます。

チームで仕事をすることができる

仕事をチーム体制で進めることは、魅力があります。たとえば、役割を決めて作業を分担することにより、作業効率が上がることが期待できます。作業を分担することにより、ひとつのことに集中できやすくなるからです。また、集中できるからこそミスが起きにくくなります。担当を決めることで自分の覚えることをある程度限定することができます。そのため、自分の担当分野について、多くの勉強時間を取ることができるようになります。行政書士の仕事の中でも特に難しいものやミスが許されないものがあります。その場合に、複数の行政書士が話しあうことで対応することができます。体調不良な家族の不幸などにより仕事をどうしても休まなくてはいけない場合があります。求人先の事務所に複数の先生がいれば、そのような場合に助けて貰えることができます。

人気記事ランキング